システムエンジニアのキャリアパスの考え方

 

システムエンジニアとしてのキャリアパスを考えていく際には大別して、キャリアを積んでプロジェクトリーダーを経てコンサルタント等になっていく道と、フリーランスを始める道と、独立して企業を立ち上げるという道があります。
これを決める際に重要な観点は、エンジニアとして仕事をすることのやりがいをどこに置くかということです。人によってやりがいを感じる点は異なり、それに沿ったキャリアパスを描いていくことがシステムエンジニアとしてのキャリアを生かしていく上で重要になるのです。

仕事をすることに対する価値観は人によって異なります。お金を稼ぐための仕事と思うなら、働けば働くほど高収入を期待できるフリーランスを目指すのがよい道になるでしょう。
名誉を求めるのであれば、高い地位を目指してキャリアを積んでプロジェクトリーダーとなり、出世の道を歩むのが王道になります。
あるいは何か世の中を轟かせるような大きいことをしたいと思うのなら、そのための発想を練ってベンチャー企業を立ち上げるというのが可能性の高い道になります。
このように仕事に対する価値観の違いから、モチベーションとして感じるものが変化し、それに応じて適切なキャリアパスが存在するのです。

やりがいを感じられる仕事への道とわかれば、そのために必要な準備も根を詰めて行えるでしょう。自分のもつ価値観を正しく理解してそれに応じたキャリアパスを考えることが成功につながる道なのです。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です